2016-11-29_114918
31ベットシステムとは
ベッティングシステムの一例で、
9ゲームを1セットという形でイメージ
それらのうち2連勝実行すれば収益確保できるスタイルです。
方法は2パターン あり、はじめにどちら共9つにわけます。

まず1つ目のしかたは、Aの初回からはじめます。
1ゲーム目に1ドルベットして
収益が出ても損失が出ても
次なるAの2回目に置き換え、
Aの2回目のベット金をベットします。

その時点で勝ったら、Aの
一回目に引き返します。
損失が出たらAの3回目に
移動しいずれも収益が生じても
敗北しても次のBの初回に移動し
Bのファーストステップのベット金をベットします。
スタートしたらひとつずつ2連続で勝つまで両脇に移動し、
Dの段まで動かすようにします。

AからDまでの途中で一度でも2連勝すれば、またAの第1回目リスタートします。
この9プレイ内に於いて2連勝やり通せば利益を確保することができるシステムです。
パーセンテージ的には2連勝する可能性は4分の1というのですからその9プレイの中に
2回ほど勝負どころがあるということを表します。

余談ですが8連敗しちゃったパターンは9回目だけ勝っても2連勝はできないので
8回目で終わるのです。だったので損失金額は23ユニットになります。

31ベットシステムを使うなら

2016-11-29_114947

ひとつの例として
ぶっつづけて敗北し
続けて8ゲーム目で
8$をベットするようになります。

8ドルならよいのですがロット
が10倍や100倍の80$や
800$になってしまう
とちょっとくらい二の足を
踏んでしまいます。

ではありますが、
この辺でベットしなければ
違うスタイルと考えているのも同様だ。

仮に余すことなく敗北で終了しても
31ユニットしか利用しないのを思いながら、
前もってこのメソッドを使うときは安心
できるユニットにするのが推奨です。